SAFE FERTILITY CENTER

Opening Hours : Open Daily : 7.30 am to 7.00 pm
  Contact : +662 252 3833

Embryo transfer

胚移植 (Embryo Transfer)

胚移植の流れは採卵して、精子と授精したから、Day2からDay5まで胚移植できます。この方法は “新鮮胚移植″と呼びます。しかし、新鮮胚移植できない場合もあります。例えば、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)、染色体検査の結果を待っている配偶者、あのサイクルに移植ことが都合ではない配偶者などです。こんな場合は“凍結胚移植”できます。凍結胚移植は着床率、妊娠率、出産率、流産率など関係ではありません。 2012年にSociety for Assisted Reproductive Technology (SART)よると、新鮮胚移植と凍結胚移植比べます。

Percentage of Transfers resulting in live births

  < 35 yr   35-37 yr   38-40 yr   41-42 yr   >42 yr
Fresh ET  47.1 37.9 28.5  16.3 6.1
Thawed ET 42.7  39.8  33.9 26.4 17.8

上記による、35年以上の女性の中、凍結胚移植のほうが、新鮮胚移植より、良いそうです。

それに根拠に基づく医療 (Evidence base medicine) のSystematic review  と Meta-analysisタイプより、27-33年の女性の中、凍結胚移植のほうが、新鮮胚移植より、32%に31%良いそうです。

新鮮胚移植と凍結胚移植の流れは同じです。しかし、違う点は子宮内膜の準備です。新鮮胚移植はからDay5までに胚移植して、自然なプロゲステロンホルモン (Natural Progesterone) 薬でサポートします。薬は錠薬や塗りゲルなどもあります。

凍結胚移植は 2 種類分けます。

  1. 自然周期 凍結胚移植(Natural Frozen-thawed Embryo Transfer)
    自然周期は薬や注射など使わなく、お母様からのエストロゲンホルモンでサポートします。移植前はホルモンや排卵日を数えて、移植します。それで、この方法はキャンセル場合もあります。自然周期は生理がいつも来る方似合います。
  2. 薬周期 凍結胚移植 (Artificial or Medicated Embryo Transfer)
    薬周期は薬やゲルなど使って、エストロゲンホルモンをサポートします。この方法は移植の日付を決められますが、赤ちゃんの心臓が見えるまでホルモンサポート薬を使い続けるのが必要です。

 

医師と面談

(*) ご記入が必要です。

個人情報